放射線科の看護師の仕事内容 妊娠や妊婦していても大丈夫?【時給・給料】

nsAssessment

放射線科の看護師の仕事内容についてまとめていきますね。

放射線科の看護師の仕事内容や役割

放射線科はその名のとおり、放射線を使って診断をしたり治療をする場所です。医療は画像診断が必要なケースが現在は増えているので放射線科はなくてはならない場所となりつつあります。そこの看護師の仕事ですが専門的な仕事や役割が多いです。もちろん、放射線を照射することはしませんが知識が必要です。放射線は放射線技師がいてその人がしますが、その後の患者様のケアをするのが仕事内容や役割です。皮膚の異常や吐き気などにも気をつかいます。

放射線科の看護師の資格は?

放射線科で働くに当たって看護師の資格以外で必要になる資格はありません。がん放射線療法看護認定看護師という資格がありますので、放射線のがん治療を行う病院などで働くためには持っていると有利です。

放射線科の看護師は妊娠や妊婦していても大丈夫?

放射線科で働いている被曝するのではないかとか、とやはり心配するナースもいるかもしれません。妊娠している人は得に胎児への影響が気になるでしょうが、少量ですのでそれほど心配はありません。気持ち的にはなんとなくわかりますけど、放射線検査をする場合は、患者さんと違い自分が被爆するわけではないので体への影響は特にないでしょう。

ちなみに、しきい線量が、一定の数値を超えると影響が出るといわれています。

放射線科の看護師の時給や給料

放射線科の看護師の時給の相場は、1500円から2000円ほどとなっています。給料の相場は25万円から30万円です。病棟の外来担当の場合は、もう少し安くなり20万円から25万円前後です。

Add Review:

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>