臨床検査科の看護師の仕事内容・役割【時給・給料】

nsAssessment

臨床検査科の看護師の仕事内容や給料をまとめていきますね。

- 求人転職の看護記録 - 読みたいところを押してね!

臨床検査科の看護師の仕事内容・役割・本音

臨床検査科で働く看護師の仕事内容や役割ですが、医療進歩で多くの臨床検査などがありますので患者さんの身近にいる看護師は説明をしなければいけないケースも増えています。ですから検査の結果をご家族にわかりやすく理解できるように説明するのも役割の1つです。そして患者さんが安全で不安なく検査が受けられるように検査の説明をするのも看護師の仕事です。場合によっては臨床検査を看護師が行うこともあります。ですから臨床検査科で働く看護師は資格は必要ありませんが必要最低限の知識や説明などができるようにしておく必要があります。看護師に本音を聞くと糞便検査や尿検査などをすることがおおでの、それが大変だという事実がありますが血液検査では採血を行いますので、1日に何十本と採血しなければいけないこともあるのでそれが大変だという声も上がっています。そして検査についていろいろと覚えなければいけないことが多すぎて経験がない看護師は一人前になるまでにかなり時間がかかりほかの看護師の現場と違って臨床検査に詳しくなければ仕事ができないという実態もあります。

臨床検査科の看護師の時給や給料

臨床検査科の看護師の時給の相場は1500円から2000円です。臨床検査を実際にやる頻度が高い場合臨床検査技師の資格を持っていればさらに時給は高くなります。給料も20万円から25万円となってますが資格を持っていれば資格手当てなどもつきますのでさらに高くなるでしょう。

Add Review:

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>