麻酔科の看護師の仕事内容・役割【時給・給料】

nsAssessment

麻酔科の看護師の仕事内容や役割、時給や給料についてまとめていきますね。

- 求人転職の看護記録 - 読みたいところを押してね!

麻酔科の看護師の仕事内容・役割・本音

麻酔科は手術室で麻酔科の先生と一緒に勤務をすることが多いです。

基本は補助をしたり看護記録を書くのが仕事ですがそれだけではありません。手術中に急遽追加で必要になるものがあればそれを用意したり、局所麻酔で意識がある患者さんの気分や体調の変化などを見たり声をかけたりしてそれを医師に伝えるのも仕事です。患者さんによっては痛みがあるのに我慢をしてまで受けている人もいるので、そういった我慢などにも気がついてあげて治療が痛みなく軽減できるよう荷サポートするのが仕事です。働いている看護師の本音ですが手術によっては6時間も8時間もかかる手術もありますし、難しい手術もありますので、常に緊張感の中で仕事をしているのでとてもストレスがたまりやすく、常に緊張した中で仕事をしなければいけないので、仕事が終わってからの疲労感は想像を絶するとのことです。看護師が働く現場の中でも比較的ハードな現場といえるでしょう。

麻酔科の看護師の時給や給料

麻酔科の看護師の時給や給料ですが、時給にして2000円から2500円とほかの診療科よりは少々高めに設定されてることが多いですがそれだけ精神的にも肉体的にもハードな職場であるということは理解しておいたほうがいいでしょう。そして給与にして日勤のみで20万円から25万円、病棟の夜勤ありで25万円から30万円ほどです。手術の器具出しなども行う看護師になればさらにもらえることもあります。

Add Review:

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>